スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『限定版ユーゲー』付記

 『限定版ユーゲー』にイラストを描かれている方々が、どんなことを描いたのかを簡単に紹介。

・天辰睦紀さん
 「今ゲーキャラ私的名鑑」というタイトルで、2タイトルのキャラを描いています。
 「デビル・メイ・クライ」のダンテと「イルブリード」の皆さん(ケヴィン、地獄ケーキ等。ちなみに各キャラに「くん」付)
 「懐ゲーキャラ名鑑」では到底取り上げられないゲームというか、キャラというか、だが、いずれはこれらも「懐ゲー」となるのだから、取り上げられる日も来る・・・のでしょうか?
 というよりも、「懐ゲーキャラ名鑑」の復活はあるのかな?
 
・河崎淳さん
 「超うろおぼえゲームレビューwith毒」(「レビュー」にバツ印がついて、「駄文・駄絵」となっている)なるタイトルで、挫折したゲーム及びゲームへのツッコミが描かれて(書かれて)います。
 全部で7つのゲームについてあれこれ書いているのですが・・・
 『ユーゲー』の表紙での描き込まれた絵柄とは思いきり対極にあるラフな絵と文字。
 初め見た時は、「本当に表紙を描いている河崎さんの絵?」と我が目を疑いました。
 でもすぐに慣れました。
 たまにはこういうのもアリですね。
 なお、『限定版ユーゲー』奥付上のイラストは実にかっこいいものになっている事を付け加えておきます。

・斎藤智晴さんとゾルゲ市蔵さん
 このお二方、互いに入れ替わって文章を書いているのだから初め読んだときは戸惑いました。
 斎藤さんもゾルゲさんも、何がなんだか分からないほどに書きたい放題の文章。
 それでも斎藤さんの方は、イラストの絵柄から斎藤さんだと分かるからその点は問題ありません。
 問題はゾルゲさんのマンガです。
 全く同じ人物(正体は不明)、というか全く同じ絵でふきだしの言葉が違うだけ、というなんともゾルゲさんらしい、人を食った手法。
 ふきだし内の言葉も、斎藤さんの文章を上回るハチャメチャ振り。
 これも『DX2』に載せて欲しかったなあ、と思ったり思わなかったり。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。