スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水野隆志

○『ナイスゲームズ』

 『ワイルドアームズ 2nd IGNITION』
  (4号:「GAME of 1999(下半期)」)
 「パソコンゲームから振り返る モノ作りSLGの歴史と変遷」
  (4号:「モノ作りゲーム大集合!」)
 『ロードス島戦記 邪心降臨』
  (5号:「GAME of 2000(上半期)」)
 『ゴールデンアイ007』
  (5号:「立て、国民! キャラゲークーデター」)
 『モンスタータクティクス』
  (6号:「GAME of 2000(下半期)」)
 『パーフェクトダーク』
  (6号:「洋ゲー・きらめきの桃源郷」)
 『スターツインズ』(同上)        
 『シャドウハーツ』
  (7号:「GAME of 2001(上半期)」)
 『ALIVE』
  (8号:「ゲーム超写実主義宣言!!」)
 「エルドラゲートはRPGの黄金郷の扉を開いたのか?」(8号)

○『ユーゲー』

「どうせ買うならこれを買え! 今月の一本」(1号~
  1号: 『ドルアーガの塔』(PCE)
      『ダーウィン4081』(MD)
      『バッケンローダー』(SS)
  2号:『レインボーアイランド パティーズ・パーティ』(WS)
     『ごきんじょ冒険隊』(SFC)
     『クイズ殿様の野望』(PCE)
  3号:『まじかるキッズ どろぴ~』(FC)
     『テイルズオブファンタジア なりきりダンジョン』(GB)
     『ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼット』(N64)
  4号:『水木しげるの妖怪写真館』(NGPC)
     『リスター ザ・シューティングスター』(GG)
     『ロマンシング サ・ガ』(WS)
  5号:『オウガバトル64 Person of lordy caliber』(N64)
     『ゼルドナーシルト』(SS)
     『戦国TURB』(DC)
  6号:『天神怪戦』(GB)
     『ザ・ニンジャウォリアーズアゲイン』(SFC)
     『百鬼夜行』(FC)
  7号:『バンゲリングベイ』(FC)
     『グリーンベレー』(FCディスク)
     『アメリカ大統領選挙』(FC)
  8号:『クラックダウン』(MD)
     『バルクスラッシュ』(SS)
     『ハンドレッドソード』(DC)
  9号:『シャドウゲイト64』(N64)
     『ソビエトストライク』(SS)
     『クーデルカ』(PS)
  10号:『すごろく銀河戦記』(SFC)
  11号:『マジックソード』(SFC)
  12号:『ソード&ソーサリー』(SS)
  13号:『スピオネージェンツ』(DC)
  14号:『シャーロック・ホームズの探偵講座』(PCE)
  15号:『TRAVERSE starlight&Prairie』(SFC)
  16号:『ハイパーイリア』(SFC)
      『アフターハルマゲドン外伝~魔獣闘将伝エクリプス』
  17号:『ぬし釣り64 -潮風にのってー』(N64)
      『ブラッド・ギア』(PCE)
  18号:『バンジョーとカズーイの大冒険2』(N64)
      『幻影都市-ILLUSION CITY-』(MCD)
  19号:『桃太郎道中記』(SS)
      『ロードモナーク』(SFC)
  20号:『フライングヒーロー ぶぎゅる~の大冒険』(SFC)
      『モンスターメーカーIII』(SFC)
  21号:『ラプラスの魔』(PCE-SCD)
      『エターナルダークネス』(GC)
  22号:『ヴァリスIII』(MD)
      『精霊神世紀フェイエリア』(MCD)
  23号:『アドヴァンストヴァリアブル・ジオ』(PCE-SCD)
      『あすか120%マキシマ』(PCE-SCD)
  24号:『シュトラール 秘められし七つの光』(3DO)
      『デイドラス エピソード1:難破船のエイリアン』(3DO)
  25号:『イースIV MASK OF THE SUN』(SFC)
      『イースIV The Dawn Of Ys』(PCE-SCD)

      『THE バスケット~1on1プラス~』(1号・第1特集)
      『THE 回転 まわすんだ~!!』(同上)
      『THE キックボクシング』(同上)
      『マジカルドロップF 大冒険もラクじゃない!』(同上)
      『ロードス島戦記 邪神降臨』(2号・第2特集)
      「シリーズ特集 Part2 女神転生」(2号)
      『ガラクタ名作劇場 ラクガキ王国』(3号・第3特集)
      『バトル封神』(同上)
      『シンジケート』(4号・第1特集)
      『ファンタズム』(同上)
      『テトリス64』(4号・第2特集)
      ・読者が選ぶオリジナル賞大募集!(7号・ぶちぬき特集)
      『すごろクエスト』
      『未来神話ジャーヴァス』
      『東方見文録』
      『バトルフォーミュラ』
      『スウィートホーム』
      『北海道連続殺人事件 オホーツクに消ゆ』
      ・洋画編(10号・第2特集)
       『ゴーストバスターズ』(同上)
       『キャスパー』(同上)
       『W・I・L・L・O・W』(同上)
       『ジュラシックパーク』(同上)
       『エイリアン3』(同上)
       『MASK』(同上)
       『クイズ$ミリオネア』(11号・第2特集)
       『クイズキャラバン カルトQ』(同上)
      ・概論 (11号「GAME19XX 97年5月~8月」)
      『Mr.BONES』(同上)
      ・概論(12号「GAME19XX」)
      ・概論(13号「GAME19XX」)
      ・概論(14号「GAME19XX」)
      ・サターン帝国の開闢 64ビット級の32ビット機、降臨(15号・総力特集)
      ・サターン帝国の躍進 「ゲームらしいゲーム」を連発(同上)
      ・サターン帝国の絶頂 話題作続々登場で出荷台数倍増(同上)
      『エイリアントリロジー』(同上)
      ・サターン帝国の動揺 伸びぬ販売数とセガバンダイ(同上)
      『mr.BONES』(同上)
      『テクストート・ルド ~アルカナ戦記~』(同上)
      ・サターン帝国の凋落 DC発表後に訪れた最後の輝き(同上)
      『ブラックマトリクス』(同上)
      『慟哭 そして…』(同上)
      ・サターン帝国の落日 かつての威光を伝える中古市場(同上)
      『ダンジョンズ&ドラゴンズコレクション』(同上)
      ・概論(16号「GAME19XX」)
      ・概論(17号「GAME19XX」)  
      ・概論(18号「GAME19XX」)
      ・概論(19号「GAME19XX」)
      『イースV 失われた砂の都ケフェン』(20号・第1特集)
      『イースVI ナピシュテムの匣』(同上)
      『ぽっぷるメイル』(同上)
      『VM JAPAN』(同上)
      「GAME19XX 最終回」(20号)
      『エキゾースト・ヒート F1ドライバーへの軌跡』(第1特集・21号)
      『ワイルドトラックス』(同上)
      『ファイナルファンタジーIV』(同上)
      『永遠のフィナーレ』(同上)
      『サガ フロンティア』(シリーズ特集Part.11 21号)
      『サガ フロンティアII』(同上)
      『はじめの一歩 THE FIGHTING!』(22号・巻頭特集)
      『ドラゴンドライブ ディマスターズショット』(同上)
      『ワリオワールド』(同上)
      『ブラザーインアームズ ROAD TO HILL 30』(23号・巻頭特集)
      『フル スペクトラム ウォリアー』(同上)
      『ジェット セット ラジオ』(24号・巻頭特集)
      『エルドラドゲート』(同上)
      ・シリーズ特集PART.12 エストポリス伝記 (25号 文・構成)

○『ゲームサイド』

「今月の一本」
       1号:『プロジェクト・ミネルヴァ』(PS2)
          『鈍色の攻防 32人の戦車長』(PS)
       2号:戦国時代の社会と暮らし
          『戦国夢幻』(PS)
          『決戦』(PS2)

         :ソニー、ゲーム業界に参入!(SPECIAL ISSUE)
         ・Memories of Playstation1994(同上)
         ・Memories of Playstation1995(同上)
         ・Memories of Playstation1996(同上)
         ・Memories of Playstation1997(同上)
         ・Memories of Playstation1998(同上)
         ・Memories of Playstation1999(同上)
         ・Memories of Playstation2000(同上)
         ・Memories of Playstation2001(同上)
         ・Memories of Playstation2002~2004(同上)
         ・特集総括 時代の寵児となったプレイステーション(同上)
         ・『キングスフィールド』(同上)
         ・シリーズ特集Part.13 キングスフィールド(2号)
          (企画・構成・文)
          『キングスフィールド』
          『キングスフィールドII』
          『キングスフィールドIII』
          『キングスフィールド アディショナル I&II』
          『キングスフィールドIV』
          『ソード・オブ・ムーンライト 
            キングスフィールド メイキングツール』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。