スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

What's 『ユーズド・ゲームズ』?

 『ユーズド・ゲームズ』は、1996年7月に創刊された雑誌です(実際には書籍扱いでした)。
 3ヶ月おきに発売される、「季刊」スタイルでした。
 2002年春の22号をもって、姉妹誌『ナイスゲームズ』と統合され、
 『ユーゲー』として生まれ変わりました。
 そして2006年に『GAMESIDE(ゲームサイド)』と誌名変更され、今日に至ります。

レトロゲーム専門誌?

 雑誌自体のキャッチコピーも、
 時代を逆走する日本初の中古ゲームソフト専門誌
 (16号からは「時代を独走!大胆不敵な中古ゲーム専門誌」となりました)というもので、紹介していたゲームソフトも、次世代機以前のもの(ファミコン、メガドライブ、PCエンジン、ゲームボーイ、スーパーファミコン)がメインで、これが
 「『ユーズド・ゲームズ』はレトロゲーム誌」
 という認識を読者に与えていたようです(私だけ?)。

 そんな中、14号からは次世代機の「セガサターン」(以下「SS」)も取り扱うようになり(注1)、ちょっとした賛否両論が沸き起こりました。
 (あくまでも「ちょっとした」ですが…)

マイナーゲームも忘れずに

 あと忘れてはいけないのは、単にレトロゲームを扱うのではなく、メジャーゲームよりも、マイナーなゲームでも「光るもの」があれば積極的に取り上げていたことです。

 2号では「誰も知らないソフトを秘かに楽しむ」、
 6号では「名もなきゲームたちとの邂逅」、
 13号では「マイナーゲームの逆襲」、
 18号では「マイナーゲームの誘惑」
と4回マイナーゲーム特集が組まれています。

 あと、マイナーゲームそのものの特集ではないですが、
 9号の「スーファミ救出作戦!名作の千年王国」、
 22号の「スーファミ救出作戦再び 名作の三千世界」
 でもマイナー気味のソフトを特集に取り上げています。

バカゲーも忘れずに

 『ユーズド・ゲームズ』を語る上でもう一つ欠かせない要素があります。
 そう、「バカゲー」です。
 ここで「バカゲー」の定義(?)を、『ユーズド・ゲームズ』創刊号P52から引用しておきます。

      バカゲーの掟
 一、バカゲーは、クソゲーにあらず。
 バカゲーは、クソゲーとはちょっと違う。限りなく近いものもあるけど。
 一、心に余裕をもて。さればバカゲーも楽しい。
 バカゲーを楽しむためには、今のゲームのような親切心を求めてはダメだ。
 一、バカゲーには、光るところあり。
 何か新しいものを生み出そうとして、生み出せなかったものがバカゲーになる。
 一、バカゲーは、可能性を残す。
 バカゲーとして生まれても、もっと練り込めば一変する可能性はある。


 …以上から、「バカゲー」について、少しは分かっていただけたでしょうか?

 創刊号では「バカゲーを美味しく食べよう! 美食倶楽部バカゲー専科」
 と題して6本のゲームが紹介されています。
 特に『美食戦隊薔薇野郎』(ぐるめせんたいばらやろう、と読みます)は、初期からの読者にとっては強烈な印象として心に刻まれたものです。
 ここから、誉め言葉としての「素晴らしい」を「素薔薇しい」と表記する読者も現れたり現れなかったり?

 人気も相当のもので、以降もコーナー化及び単行本化もされました。
 (コーナーは、『ゲームサイド』となった現在も連載されています)
 コーナーとして連載されているにも関わらず、特集も
 7号で「奇作豊作!バカゲーコレクション」、
 16号で「奇作大漁!バカゲーコレクション」
 と2度組まれています(注2)。
 
 こうした要素が絶妙に絡み合い、2002年春に発売された、最終号となる22号まで、レトロゲームと、「どこか光るものがある」マイナーゲームを中心に扱う方針に変わりはありませんでした。 
 そして、『ナイスゲームズ』と統合され、『ユーゲー』となり、『ゲームサイド』と誌名変更され、現在に至ります。

「愛情」も大事です

 「どんなソフトに対しても、愛情を持って記事にしている所が、ユーゲーの好きな要素です」

 と述べられる読者さんがいらっしゃるように、「愛情」もまた、『ユーズド・ゲームズ』(『ナイスゲームズ』、『ユーゲー』、『ゲームサイド』含む)に欠かせない要素です。
 「愛情」、そしてそこから生まれる「優しさ」、「穏やかさ」、「和み」も『ユーズド・ゲームズ』(特に初期の)に含まれていたことを忘れてはいけません。
 (思い出させてくれた、紅ゆはたさんに感謝!!)

『ユーズド・ゲームズ』が残したもの

 『ユーズド・ゲームズ』から後の『ユーゲー』、『ゲームサイド』に受け継がれたコーナー等も幾つかあります。
 その代表格が「美食倶楽部バカゲー専科」。
 創刊号から『ゲームサイド』に至るまで連載されている名物コーナーです。
(『ゲームサイド』2号では休載ですが)
次第にネタ切れ感も漂ってきたのは否めませんが、まだまだ紹介されるゲームはあるはず…です。

 あと、8号から始まった「疾走!魔法大作戦」も忘れてはいけません。
 当時編集部員だった奥山さんが始めたこのコーナー、当初は連載にするかどうかは未定だったそうです。そのために、「続く…のか?」と曖昧な終わり方にしたほどだそうですから。
 でも評判が高かったようで、途中読者さんからのレポートも交えながら20号まで続き、『ユーゲー』では「復活!魔法大作戦」として2号から7号まで続きました。

 3号から始まった「懐ゲーキャラ名鑑」もありますね。
 こちらは天辰睦紀さん(現「天辰むつ季」)がコーナー名の通り思い入れのある懐かしいゲームを漫画で語り、イラストで紹介するゲームを表現する、というコーナーでした。
 これは『ユーゲー』に入ってからも10号まで続いたものでした。

 8号から始まった「アーケードトラックス」も、『ユーゲー』の23号まで続いたものでした(厳密には23号は北郷さんによる特別編)。
 アーケードゲームについて、毎号何かしらのテーマを設けてゲームを紹介するもので、コンシューマーメインの『ユーズド・ゲームズ』にあっては一見異端に写るものでしたが、コンシューマーとは別に輝いていた頃のアーケードゲームを紹介する意義は大きなものがあったと思います。

 これも8号から始まった「GAME19XX」は、ある意味『ユーズド・ゲームズ』の精神を端的に表していたコーナーかもしれません。
 というのも、1年を数ヶ月に区切り(連載当初は1号につき一年)、各期間を代表するソフトを紹介する、というもので、有名作に限らず隠れた名作も積極的に取り上げられていたからです。
 こちらは『ユーゲー』では20号まで続きました。

 13号からは「マニアックファミコン」がスタートしてます。
 毎回ファミコンソフトを変わった遊び方で遊ぶ、というテーマの元、
 恋パラ支部長が「全米が泣く」ほどの苦労をしながら日々ファミプロにふさわしい遊び方を紹介しています。

 ゾルゲ市蔵さんの漫画も長く続いてますね。
 まずは11号から22号まで連載された「超ゲーム少女ユーゲ」。
 『ユーゲー』になってから15号まで連載された「超々ゲーム少女ユーゲ」。
 15号からは「ゲームShopYou&G」となり、
 『ゲームサイド』1号では「忍者芸夢済度」(2号では「ゲームShopゲー&サイ」)に至る長寿連載です。
 (シリーズ毎に登場人物、設定は変わってますが…)

 最後に忘れてはいけないのが「今月の一本」。
 連載されているうちに微妙に、大胆に内容がリニューアルされてはいるものの、創刊号から『ゲームサイド』に至るまでの十年間毎号連載されている一番の長寿コーナーです。
 しばらくは各ハードごとにソフトが紹介されていましたが、のちに1号に2,3本ペースに(更には攻略コラムがソフトにまつわるテーマのコラムに)、現在では(『ゲームサイド』2号から)コラムメインでゲーム紹介がサブ、という構成になっています。

 初期の読者には「プレミアソフト探検隊」(10号まで)
 「今こそファミコンディスクシステム」(9号まで)
 「ゲームショップ探訪紀」(9号まで)
 「私の懐ゲー」(2号から12号まで)
 などが思い出されるかもしれません。

 これらのコーナーは、今でも『ゲームサイド』に息づいているのです。
 もし『ユーズド・ゲームズ』を読んだことがない方は、今でも発売されている総集編を手に入れてみるのもいいでしょう。
 『ユーズド・ゲームズ』を古本として扱っているゲームショップもあるようですし…(ゲーム探偵団さんとか)

脚注
  
注1:ちなみに14号が発売されたのは2000年の春。
 セガが「ドリームキャスト」を発売してから1年半近くが経過し、SSの新作もほとんど発売されなくなっていたため(2000年3月に『ファイナルファイト リベンジ』が発売されましたが)、SSも『ユーズド・ゲームズ』への仲間入りを果たすことになったようです。

注2:『ユーゲー限定版』によると、『ユーズド・ゲームズ』の人気特集トップ10内にどちらもランクインしています。
 7号のは7位、16号のは8位です。
スポンサーサイト

『ユーゲー』’06・4月号感想

表紙
 20060307013921.jpg

非常に目立ちますね(笑)。
 巻頭特集がドリームキャストだけあって、イメージカラーのオレンジが実に鮮やかです(どこかで書いたような…?)。

 一見シンプルに見えながらも、良く見ると表紙の上部に
 「セガのハードは世界一ィィィイ!」
 とあるではないですか(笑)。
 どこかで見たフレーズだなあ、と思っていたら、案の定、読者コーナーにて触れられていました(デザイナーの高橋みどりさんはセガ好き、というかドリキャス好きなのでしょうか?)
 
 更には、「巻末に重大発表が!?」とさりげなく右上に書かれていたり、と気が抜けませんね(笑)。

 まずは奥付から読んだのですが、今回はいつも以上にライターさんの数が多いですね。
 はじめてお見掛けするお名前の方も結構います。
 (リスト作り泣かせですね~)

 巻頭特集で『トライジール』の記事を書かれているのは、読者さんだそうで…「攻略アドバイス」が出来ることをかわれて起用されたのでしょうか。

巻頭特集「ドリームキャストは終わらない」

 ハードの製造終了後にも結構な数のソフトが発売されているのですね。
 今月だけでも『アンダーディフィート』が発売されましたし。
 気にはなりますね…う~ん。

 ・インタビュー記事について
  
 前回、元ハドソンにいらした国本剛章氏のインタビュー記事については「1ページで物足りない」と書いた記憶があるのですが、今回の(有限会社グレフ 代表取締役 丸山博幸氏と有限会社マイルストーン 開発本部 本部長 松本学氏)は文字が細かいので正直読みづらいです…
 特にカラーページ部分の脚注が…(更に言えば18ページのが…)

 『ラジルギ』のサントラも紹介されていますが、これを読んでから買ったほうが良かったのかな…(>『ラジルギ』サントラ)

 同特集内の「ドリームキャスト 夢の名作選」では17本のソフトが紹介されています。

 扉で「メジャータイトルを振り返る」とあるように、比較的安価かつ数的にも手に入りやすいソフトが多いですね。
 そのあたりで、物足りなさを感じないでもないですが、これからドリームキャストの世界に足を踏み入れようとする方々にはうってつけなのかもしれません。
 もっとも、私が遊んだことのあるソフトは『クレイジータクシー』と『セガガガ』のみですが…(笑)

 大体の記事は読み応えがありましたが、ちょっと物足りない記事もあるのも事実です。

 例えば、『バーチャファイター3tb』は深みのある内容で、興味深く読めましたし、『クレイジータクシー』では「そういう遊び方もあるのか」と目から鱗が落ちる思いでした。
 『Kanon ~カノン~』の記事は、いわゆるギャルゲーには興味の薄い私には、これまた目から鱗が落ちる思いで読みました。
 水野さんが書かれた『ジェット セット ラジオ』、『エルドラドゲート』安心して読めました。特に、後者の最後の文章に少し涙。もっとも、遊ぶかどうかは別ですが…(笑)
 藤井宏幸さんが書かれた『ファイヤープロレスリングD』の記事は、かなりこのゲーム及びシリーズを遊びこんでいるのかな、と思わせる、短いながらも充実した内容ですね。
 かと思えば、『ソニックアドベンチャー2』での記事は、今ひとつ遊んでみたい、と思うには至らない内容なのが残念です。
 『サクラ大戦3~巴里は燃えているか~』に関する情報は、私はほとんど持ち合わせていませんが、この記事を読む限りでは、遊んでも損の無いものかな、と思うに足るものでした。
 『セガガガ』は、1ページで語るのはちょっと難しいかな、と思いましたね。記事のキャッチ(ゲームハード事業撤退! その時セガは! ……相変わらずだった)はちょっといただけませんでしたが。
 どうせなら、終盤の文章を要約したものにすればよかったのに、と思うのですが、大きなお世話かもしれませんね。失礼しました。

 『あつまれ!ぐるぐる温泉』の記事は、ちょっとライターさんの個人的思い出話が長めかな、という感は否めませんでした。
 もう少しゲーム自体の説明に文章を割いてもらえれば、と思いましたが、これまた大きなお世話ですね。すみません。

 個人的には、あのソフトも紹介して欲しい(『ギガウイング2』とか)、という思いがあり、全体的なラインナップに物足りなさを感じました。
 でも、入手難易度の低さと、万人に進められる完成度(楽しさ、面白さ)を考えれば、この17本が妥当なところでしょう。

 合間に挟まれたドリキャス様の野望は、無い方が良かったのでは…と思いますね。
 これまでのドリキャスの良さを示す記事に、水を差す結果になっている感じですし…
 光があれば闇がある、と言う所でしょうか。

 ちなみに私のDCは、殆ど遊ばないのに壊れました(涙)
 だましだまし動かすことは出来ますが…

夢のゲーム学
 今月号からの新連載のようです。
 ただ、私には今ひとつ興味をひかれる内容ではなかったですね…
 もしかしたら、かつて存在したコーナー、「佐ぶの技術セミナー」的な役割を担おうとしているのかもしれません。
 次回に期待したいところですね…
 
「妄想エンジン コアグラフィックス」

 ゲームの世界観が硬派だからか、マンガも硬派です。格好良いです。
 まさにこれから!というところで終わるのはお約束ということで。
 波多野さん、このゲームを題材に16~24ページほどの漫画をかけませんかね?とここでこっそり書いてみたり。
 あと、山本さんが怖いです(笑)。本当に何かあったのでしょうか、と思ってみたりみたかったり。

「電気用品安全法緊急レポート」

 どなたかがユーゲーBBSで書かれていましたが、何だか『ゲーム批評』的ですね。
 時間が無かったと思われる中、よくぞここまでやってくれた、という点で拍手物です。さすがユーゲー。

 インタビューに応じた経済産業省の担当者の発言には唖然とさせられました。
 「ゲーム機についてはほとんど知らないから答えようがない」とでも言いたげなコメントばかりだと私には感じられました。
 その他、ハードメーカー、ヤフオク、販売店でも対応がまちまちなのが見て取れます。
 「電気用品安全法」の存在自体に問題があることが浮き彫りになった感のある内容ですね。

 余談ですが、私の好きなエフェクターでも、電池以外でないと動かないもの(アダプターの使用、電源内蔵型)もこの法律の対象になるそうです。

 追記:
 3月24日に、これまで大きくなった批判をかわすためか、「電気用品安全法」の見直しが発表されました。
 ほとんど周知徹底されていなかった上、法の内容自体も、議論不足の感があっただけに、当然ではありますが…まだ余談を許しません。

「全てはファミコンのために。」

 (トップ絵より)今回も恋パラ支部長さん、怖い感じで描かれてますね~。
 大丈夫でしょうか?(大丈夫らしいです。笑)
 
 恋パラ支部長さんと、担当の山本さんとの対談の方がもっと「大丈夫でしょうか?」と思ってしまいますが。
 (「敢えて控えめで書いたんだから~」のセリフが非常に気になります)

 「キラッと光る名品館」は2本立て!
 ・『激突四駆バトル』は存在自体知りませんでしたが(’89年発売ですか…)、読んでいると確かにゲームのタイトルとは異なるプレイスタイルがメインになってしまうというのが素敵ですね。
 もちろんそれを見つけ出して記事にする恋パラ支部長さんもさすがです。

 ・『落っことしパズル とんじゃん!?』は名前だけなら…これも’89年発売ですか。
 相当やりこんだのでしょう。そうでなければ2ページ弱も書けません。
 ゲームのシステムを熟知しているからこそ、でしょうか?

 新コーナー「ファミプロの履歴書」は、今回はファミプロになる前の思い出ですが、学校の勉強がファミプロを作り出したのですね(多分違う)。
 
「MECG外伝:恋パラ支部長とファ美のファミコン相対性理論」

 今回もあって良かったです(笑)。
 遂にツインも登場!

 この4コマ及び「妄想エンジン コアグラフィックス」を書かれている 
波多野ユウスケさん(その他にも波多野さんの盟友、黒須ジェイさん、ビリーさん、SAKEさん)によるブログ(「妄想エンジン コアグラフィックス」
では、既におなじみのキャラだったわけですが、ファ美に続いて『ユーゲー』デビューですね!

 ファ美が読んでいるのが「ファ○マガ」ではなく、「○勝ファミコン」なのがなんというか…(笑)。

 「今回も大人の事情のため ツインのスペック紹介だ!」
 の1文には思わず苦笑い。何故に「大人の事情」なのでしょう?

 ディスクとカセットが切り替え可能であることを名人(高橋名人、ですよね?)も宣伝されていたとは・・・ファミッ子だった自分にとっては不覚!

 ディスクのエラー音は確かに驚きますよね。心臓に悪いです。
 もっと軽やかな音にして欲しかったな~…
 もっとも、大抵の警告音は心臓に悪いですけどね。
 逆に、心がうきうきするような警告音を探す方が難しいかと。

 今回はここまで。後半及び取り上げていないコーナーは次回に。

 私信
 リョウジマさん、読者コーナーに掲載されていますね。コングラチュレーションズ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。